読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

硝子の座席

某若手俳優を推すただのおたく

舞台 デルフィニア戦記 第一章

 

デルフィニア戦記

2017/1/20 19:00

2017/1/22 13:00

 

上記公演を観劇してきました。

まだ公演も始まったばかりですので、あまりネタバレしないように…と言っても難しいのですが…なんとなく中間感想を…。

 

今回、圭さんの出演が決まってから、まず原作を読みました。とりあえず第一章として扱われるであろう4巻まで。

率直な感想は、面白かったです。

描写が細かくさらに練りに練られた世界観によって、まるで吸い込まれるように読んでいました。今作でお気に入りのキャラクターは主人公のウォルとリィ。普段、主人公格のキャラクターが1番好きになることが皆無の私からは想像も出来ないことが起こりました。それもこれも、ウォルが堅物だからかなあと思っていますが。

圭さん演じるラモナ騎士団長ナシアスは、柔和なイメージの剣士で、優しさと強さを兼ね備えた素敵な騎士だなあという印象。

 

蕨野さんのイメージがそのままウォルで、声も思っていたよりぴったりだったのがびっくり。リィも佃井さんだからこそ出来る身のこなし。ついつい目が釘付けになってしまいます。アクションが出来る女性というのは、やはりカッコいいものです。

 

馬での描写が多々ありましたので、舞台ではどのようになるのだろうということは常に頭にありました。

今は優れた映像技術もありますものね。薄い膜越しに馬を駆けるシーンは、今のこの時代、この劇場だから出来るシーンなのではないでしょうか。

 

4巻もの長さのお話を約2時間で、ということもあり、かなりのシーンがカットされていたように思います。原作を読んでないと、展開が早すぎてついて行くのが大変かもしれません。もしこれから観る方で、まだ読んでいらっしゃらない方がいらしたら、ぜひ一読してから観に来て頂けましたらより楽しめるかと思います。また、もう観たけどまだ原作を読んでないという方も、機会がありましたらぜひお手にとって頂きたいです。

原作関連商品はロビーにも販売していますからね。(謎のステマ)

 

また殺陣のシーンは、どこも見所があり、戦をお芝居で感じる大切なシーンでもあります。個人的には佃井さんのアクションから目が離せなくなってしまいましたので、そこ以外にも注目して観たい気持ちでいっぱいです。

 

28日にも最後に観る予定がありますので、そちらで実現出来たら良いなと思います。

後日、改めてこちらで感想をまとめられますように…。